プログラミングとは何か子供に説明してみよう!親が難しく考えすぎないことも大切

学習

最近話題となっているプログラミングですが、

ニュースなどで話題になりましたよね。

2020年度から小学校などで実施されるということで

不安を抱えている親御さんも少なくないことでしょう。

できれば事前に、お子さんにもプログラミングについて

知っておいてほしいですよね。

ただ、2020年度から始まるプログラミング学習というのは

エンジニア育成が目的ではありませんのでご安心ください。

では、まずはじめに親御さんにもお子さんにもわかりやすく

プログラミングとは何かをご説明していきましょう。

 

プログラミングとは簡単に言うと

まず、プログラミングというのは

コンピューターへ指示を出す為のプログラムを作ることです。

ご存じの通り、コンピューターは指示を出さないと動いてくれません。

例えばあなたがタクシーに乗っていて、次の道を右に曲がってほしいとき、

運転手さんに「次の道を右に曲がってください」と言いますよね?

これと同じことをコンピューターでもやっています。

何かのソフトを立ち上げるときも、その指示を出しているから動くのです。

 

プログラミングでは、様々な指示をどのようにすれば良いかを考え

コンピューターへプログラムしていくのです。

 

また、コンピューターが誤作動を起こした際も

どこが原因かを調べて修復するということが必要になってきます。

このように、「〇〇する為には○○して○○する」というような

道筋に沿った考え方(論理的思考)が必要になってきます。

この論理的思考は、問題を解決する為にも必要な力となるので

学校のプログラミング学習ではこの論理的思考を育てるために

プログラミングを教材として扱うことにしたのでしょう。

ですから、あまり難しく構える必要はないと私は思っています。

 

プログラミングを教えるのは難しい?

特別に難しいということはないと思います。

なぜかというと、プログラミング学習というのは

インターネットやアプリでも学ぶことができるからです。

ただ、これはあくまでも学校の学習に間に合わせるということが

前提となっております。

ですから、お子さんをプロのエンジニアに育てたいというのであれば

やはりスクールに通うのが一番の近道でしょう。

 

しかし、学校の授業の準備段階というのであれば

無理にスクールへ通う必要はありません。

 

最近では大人も子どもも関係なく、初めから難しい言語を勉強するよりも

どのように指示を出したらどのように動くか

というところから学んでいくので、心配しなくても大丈夫です。

私も息子と一緒にWEBサイトで少し学んでみましたが、

ゲームをしているような感覚で学ぶことができて面白かったですよ。

中でもメジャーなhour of codeというサイトは無料ですし、

とてもわかりやすかったです。

また、レベル分けされているので小さなお子さまにもオススメですよ。

一見、子ども向けのように感じるかもしれませんが

大人が頭を抱えるような問題もあり、楽しめるようになっています。

 

プログラミングを自宅で子供に教えるための準備

まずは、やはりパソコンがあった方が良いでしょう。

実際に学校で学習する際にも

マウスやキーボードの使い方を教えてくれると思いますが、

事前に少し慣れていた方がお子さんにも負担が少ないと思います。

実際に触って動かしてみることで、

どのようなものかを感覚でも知ることができますよね。

最近、私の息子にもパソコンを触らせてみましたが、

思うようにマウスが操作できなかったりと

少し苦戦している様子が見られたので

操作できるくらいには慣れておいた方が良いかなと感じました。

また、本が好きなお子さんでしたら本を読ませるのも良いでしょう。

今、プログラミングについて書かれている本がたくさんあるので

本から知っていくというのも一つの方法です。

 

まとめ

プログラミングが話題となっていますが、

一般人でも手軽に学習できる時代になりましたよね。

インターネットが普及してから、学習方法も変わってきました。

ですが、実はプログラミングの学習方法というのは

まだはっきりとマニュアルがないのです。

最近はゲームのようなもので動かし方から学んでいく方が

取り掛かりやすいということでアプリなどがでてきましたが、

どうすれば効率よく学習できるかというのはまだはっきりしていません。

もし、これからプログラミングを始めるのであれば

言語をひたすら暗記していくよりも、アプリやWEBサイトを上手に活用し

楽しみながら理解を深めていった方が

途中で挫折せずに学習を続けられると思います。

まずは、プログラミングに触れてみるところから

始めてみてはいかがでしょうか。

コメント