シンプルな部屋にするにはまず物を捨てる!物を減らす極意とは?

近年、ミニマリストを取り上げているテレビや雑誌が増えました。

必要最低限のモノで生きていくということで、

とてもすっきりとした部屋で過ごされる方が増えているようです。

私もシンプルライフに憧れて、断捨離をしたことがあります。

しかし、何から手をつけていけば良いかというのは

非常に難しい問題ですよね。

そんな私は手始めに洋服を断捨離することにしましたが、

捨てすぎて次のシーズンに足りなくなるということが起きました。笑

そんな感じで失敗から始まったシンプルライフですが、

色々試していくうちにわかったこともあるので、

ご紹介していこうと思います。

 

リビングの物を減らすとシンプルな部屋は実現しやすい

リビングというのは、一番目につく空間ですよね。

ここがすっきりしていないと、家の印象も悪くなります。

しかし、小さなお子さんが家にいる場合、

おもちゃなどが散らかってしまいがちですよね。

我が家もリビングが散らかるのが嫌で、

リビングへのおもちゃの持ち込みを禁止した時期もありましたが、

放置されることが多く失敗してしまいました。

私のようにうまくいかない方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、おもちゃ以外のものから減らす作業に入ると思いますが、

一体何を減らせば良いのだろうと思う方が多いと思います。

大きな家具もあるでしょうし、

旅行のお土産に買ったインテリアなんかもあるかもしれません。

なかなか捨てる勇気が出ないという物も沢山あるでしょう。

そんなあなたに、物を減らす極意をお教えします。

 

物を減らす極意

 

特に難しいことではないのですが、

「本当に必要なものなのか、そうでないものなのか」

ということをしっかりと見極めることです。

 

物を捨てられない方の特徴として、

「いつか使うかもしれないから」

「勿体ないから」

という考えをお持ちの方が多いですが、

必要かそうでないかという風に物を見てみると

実は案外不要なものが多いのです。

この場合、いきなり捨てるということは難しいと思うので、

まずは捨てようか迷っているものなどは

別の部屋に保管してみてください。

それで1か月ほど生活をしてみて不便を感じないのであれば、

それは不要なものです。

私はこの方法で炊飯器と水切りカゴを断捨離しました。

必要なものだと思っているものでも使用頻度が少ないものであれば、

意外と無くても困らないことがわかります。

リビングの物であれば、棚に置いてある小物類を無くすことで、

パッとみてすっきりとした印象を与えることができますし、

小物などの飾りは無くても生活できます。

まずは、自分がどの程度の部屋に仕上げたいのかを思い描いてみることで、

何を断捨離していけば良いのかが見えてくると思いますよ。

 

シンプルライフで捨てるもの・捨てていいもの

 

当たり前のことなのですが、必要なものかそうでないものかは、

それぞれ人によって違います。

リビングにソファが無くても平気なのであれば捨てることができますし、

無くては不便なのであれば、それはあなたにとって必要なものです。

何でもかんでも捨てれば良いというのではなく、

あくまでも不要なものを探す作業と捉えた方が失敗せずにすむと思います。

 

先ほど私が炊飯器と水切りカゴを断捨離したとお話しましたが、

どちらも場所をとるのが嫌だったので断捨離を決意しました。

別の部屋に保管しているときからご飯はお鍋で炊くようになり、

食器は吸水マットの上に洗った食器を置いていくというスタイルで、

何も不便を感じることがなかったですし、現在も困っていません。

ですから、この2つは私にとって捨てていいものだったということです。

 

しかし、先ほどもお伝えしたように人それぞれ必要なものは違うので

あなた自身が実際に色々と試していく必要があります。

 

まとめ

 

物を少なくすることで、掃除が楽になるなどメリットは沢山あります。

ただ、やり方を失敗すると後悔してしまうので

必ず保管期間を設けるようにしてくださいね。

小さなお子さんがいるご家庭でも、

おもちゃの断捨離はお子さんと一緒にやるようにしましょう。

私達から見たらただのプラスチックの塊でも

子どもからしたらとても大切な宝物かもしれません。

ですから、人のものには勝手に手を出さずに

まずは自分のものから断捨離していくと良いでしょう。

また、大きな家具はご家族も使うと思うので、

しっかりと相談しながら進めていきましょうね。

コメント