3歳児と野菜を育てる!保育園生でも育てやすい野菜は○○!

突然ですが、お子さんの保育園や幼稚園では野菜を栽培されていますか?

私の息子たちが通っていたところでは、毎年野菜を栽培していました。

大根・ラディッシュ・ミニトマト・イモ・えだまめ・なす

などの野菜を栽培して収穫します。

 

私の息子は野菜嫌いなのですが、このような取り組みのおかげで

少しずつ野菜を食べることができるようになりました。

それまでは野菜を見るだけで食事を嫌がるほどでしたからね^^;

また、これらの野菜は比較的丈夫で育てやすいので、

自宅の庭やベランダでも栽培が可能です。

 

保育園でも野菜栽培は導入されている

 

野菜を栽培し、収穫して食べるということは、

子ども達が食への興味を持つきっかけとなることがわかっています。

実際に、厚生労働省が野菜栽培と子どもの食への繋がりを発表していますし、

こういった活動を通した食育を推薦しているのです。

また、野菜を栽培するということは食べるだけではなく、

土や水に触れることで五感を刺激することができるので、

子どもたちの脳の発達にも効果が期待できます。

さらに自分たちで苦労して育てることによって、

食への感謝の気持ちが芽生えてきますし、

食品の名前や種類、

お店に並ぶまでの過程なども知るきっかけにもなりますよね。

 

このように、遊びの延長で様々なことを学ぶことができる

というメリットから野菜栽培を行っている園が多いのです。

また、子ども達は砂遊びや泥遊びの延長のように

楽しんで野菜を栽培することにより、

自然と野菜に興味を持つことができるということがわかっています。

 

保育園の子供との野菜栽培のねらいは

 

まずは子どもに多い野菜嫌いを克服することでしょう。

実際に克服まではいかなくても、

一口食べてみる段階まではいけるのではないでしょうか。

「自分たちで育てた野菜なら食べることができた」

という話もよく聞きますし、息子もそのうちの一人でした。

ピーマンや人参など、子どもが苦手な野菜ですが、

自分たちで育てることによって愛着が湧いてきます。

 

また、自然とふれあうことで様々な虫を見かけることも

子ども達にとって良い刺激となるでしょう。

 

さらに、野菜を栽培するということは、

植物の成長過程を知るということでもあり、

命に触れるという大切な経験になります。

つまり、遊びながらも知識として残るのです。

このように、野菜栽培はただ育てて食べるだけではなく、

様々な物事に気づくきっかけとなり、

将来的にも子どもたちの食生活をサポートする

貴重な体験と言えるでしょう。

 

保育園生でも育てやすい野菜って?

 

やはり、定番の夏野菜が育てやすいのではないでしょうか。

トマト、きゅうり、なす、ピーマン、えだまめ、きぬさや、

ラディッシュなど。

初めて野菜を育てるのであれば、苗から育てると簡単です。

 

これらの野菜は比較的、実がつきやすくプランター栽培も可能なので、

日当たりの良いベランダでも栽培できます。

 

野菜栽培の一番簡単な方法として、

長ネギを再生させる方法をご存じでしょうか。

長ネギは市販のものを購入して、根っこから10cmほど残し、

土に刺しておけば、また収穫することができます。

こういった簡単な方法から興味を持ってもらえれば、

色々な野菜にもチャレンジしたくなることでしょう。

 

また、野菜のお世話をしていく段階で、

虫に食べられてしまったり、

葉っぱが病気にかかってしまったりと

色々なトラブルが起こる可能性もあります。

そんなとき、お子さんと一緒に本などで原因を調べると、

失敗してもその経験を次に生かすことができますよね。

 

まとめ

 

楽しみながら学ぶというのはとても大切なことです。

ただテキストに向かって学ぶより、

実際に経験した方が思い出としても記憶に残りやすいですよね。

私も野菜や花の苗を庭に植えていますが、

子どもたちは庭の景色が変わっていくのを

とても楽しんでいます。

そして、私も子どもも土に触れているときは、

心が穏やかになっていくのがわかるので、

感性豊かな幼児期にこそ経験してほしいです。

まずは気軽にプランター栽培から始めてみてはいかがでしょうか。

野菜が苦手なお子さんでも、美味しいと食べてくれるはずです。

ぜひ、お子さんと楽しんで野菜を栽培してみてくださいね。

コメント